老後に備えたい

保険相談をすべき理由

今や人生100年時代と言われていますが、長生きするということはそれだけ生活費がかかるということです。働ける間は収入がありますが、定年退職した後、または老齢により働けなくなった後、基本的に頼るは公的年金と預貯金です。その公的年金も、「いったいいくらもらえるのか?」「公的年金だけで生活できるのか?」「足りないならいくら貯金しておけばいいのか?」などのように、仕組みがわからないことで漠然と不安になっている人も多いのではないでしょうか?
まずはちゃんとした知識をつけ、そして働ける今だからこそ出来ること。または退職した後でも出来る資金の増やし方など、自分に合った備えはなにかについて相談してみましょう。
また、意外と知られていませんが、保険は金融商品でもあります。自分にあった投資などの金融商品を理解するためにも相談しましょう。

20代,30代の方が相談時に聞くべきこと

  • 公的年金の仕組みや老後に必要な資金について
  • 将来の貯蓄・働けない状況になった時の事、大きな病気にかかった時の事、自分が「貯めなければいけない金額」を知り、今からしておいたほうがいい老後の備えについて聞きましょう。

40代,50代のお客様が相談時に聞くべきこと

  • 公的年金の仕組み
  • 老後に必要な資金
  • 今から出来る老後の備え

他の人はこんなことを聞いている!

  • 老後のために貯金と言っても、今の生活をするだけで精一杯。どうしよう。
  • 老後は年金だけじゃ心配。
  • 老後のための積み立ては何がいいかな?
  • どのぐらい公的年金がもらえるんだろう?

記事更新日:2021/03/01

キャンペーン実施中!

保険相談後のアンケート回答で厳選黒毛和牛プレゼント