教育資金を確保したい

保険相談をすべき理由

今はいろんな選択肢がある時代。「出来る限りわが子の可能性を伸ばしてあげたい」「お金を理由に夢を諦めてほしくない」と思う親御さんも多いのではないかと思いますが、
「いったいどれだけ準備しておけばいいの?」と不安に思う方も多いかと思います。
学校の授業料はもちろん、今は塾や習い事も一般的に。大学の進学先によっては高額な入学金が必要な場合も。さらに一人暮しの資金が必要になったりなど、いろいろ想定すると、ただ不安になるかもしれません。
その漠然とした不安を払しょくするためにも、相談をしましょう。
そして、低金利の今は特に、上手に資金を増やすための知識が必要です。
教育資金は早いうちから準備することで、毎月の負担は軽くなります。
お子さんが生まれた方、またご出産の予定のある方、お早めのご相談をお勧めします。

相談時に聞くべきこと

  • 子供にどのように育ってほしいかを伝えたうえで、教育資金はどれぐらいかかるのか?資金を作るためにどんな方法があるか?また自分たちに合った方法は?について聞きましょう。
  • 教育資金だけに注力しすぎて、子育て終了後に来る自分たちの老後資金の準備が手遅れにならないようにこちらも併せて聞きましょう。

他の人はこんなことを聞いている!

  • 子供の学資っていくら準備しておけばいいのかな?だいたいみんなどれぐらいかけてる?
  • 貯めたいけど余裕がない。どうしたらいい?
  • 子供の教育資金が不安だけど、自分たちの老後の資金についても不安がある。どうすればいい?

記事更新日:2021/03/01

キャンペーン実施中!

保険相談後のアンケート回答で厳選黒毛和牛プレゼント