独身女性が習い事にかけるお金はいくら?年代別に調査!

近年、大人が趣味やスキルアップとして通う習い事の種類が増えてきています。オンライン化の導入が増えてきたり、サブスク制で受け放題などのプランが出てきたりと、「何か始めたい!」と思った時にすぐ利用できるものが多くなりました。 今回は、独身女性が習い事にかけているお金はいくらくらいなのか、年代別に調査しました。

この記事の監修者プロフィール

MANEMO

運営担当者

MANEMOの編集チーム

女性の習い事はどんなものが人気?

習い事は「自己投資」ともいわれ、そこに掛けられる金額には個人差がありますが、やはり独身女性は自分磨きやリフレッシュとしてある程度自己投資をしているようです。習い事の種類はさまざまありますが、大きく分けて2つの傾向に分けられます。
一つが、仕事に直結するスキルアップができる習い事、もう一つが趣味や健康のための習い事です。
一般的に女性に人気のある習い事は、スポーツクラブやヨガ、料理教室などがランキングの上位に挙がりますが、働く女性の多くは語学や資格取得を目指す講座、プログラミングやIT技術が学べるスクールなど、キャリアアップやスキルアップにつながる自己投資をしている傾向にあります。
また、体力や体型維持のためのスポーツジムやヨガも人気です。純粋な習い事としてはピアノやテニス、着付けなどが人気です。

独身女性の習い事の傾向

独身女性は終業後の18時以降から受講できるクラスがあるものや、帰宅後に自宅で受けられるオンラインレッスンが活用しやすく、興味が湧いたものに気軽にチャレンジしていく傾向があります。長く続けることを前提とするよりも、今必要なスキルや「今やりたい」と思うものを選んで、その中から趣味を見つけていく人もいるようです。

自己投資にかける金額はどれくらいが適切?

では、独身女性が自己投資をする習い事にはどれくらいの金額をかけるのが適切でしょうか。
一般的には収入の1割程度が自己投資の金額に適しているといわれています。自己投資といっても、習い事のほかに、洋服代や美容代、またその他人脈を広げるため、知識を広げるための投資もあるため、習い事だけにかけられるお金というのはそこまで多くはありません。しかし、特に独身女性の場合は自身の収入が上がるにつれて、習い事の質が上がったり、大きいことに挑戦したりする人もいるため、月にかける金額は一般的な平均よりも高いといえます。
月に5,000円〜10,000円がもっとも多く、なかには月に10,000円〜30,000円ほどかけている女性も多くいます。
今は企業で副業が認められているケースも増えてきているため、これからさらに興味のあることや視野を広げるために習い事を取り入れる人も多くなりそうですね。

【年代別】独身女性が習い事にかけるお金はいくら?

女性の習い事も年齢や収入、環境が変わることでその内容やかけるお金が変わってきます。
それぞれ、年代別でどれくらいのお金をかけているのかを調査しました。

20代

20代の女性に人気の習い事は、スポーツジムやヨガのほかに、料理教室やパンづくり教室などの実生活に使える習い事をしている人が多くいる傾向です。
また、働き出して数年経ち、仕事で貢献できるようスキルアップのための習い事を取り入れる人も少なくないようです。
例えば、英会話教室やプログラミングスクールなどは経験や知見があると何かと役に立つ機会が多くなるでしょう。
月にかける費用は5,000円〜10,000円の人が多いようです。

30代

30代独身女性は美容や健康につながる習い事が多いようです。
スポーツジムやホットヨガ、ボルタリングなどが人気です。ほかにもフラワーアレンジメントや英会話、マナー教室など、自分の世界を楽しめたり、教養を身につけられたりする習い事が人気の傾向です。
働き始めて10年ほど経ち仕事も比較的落ち着いてくる時期のため、趣味の時間を持ちたいと考える人も増えてきます。
月にかける金額は15,000円〜20,000円ほどが多いです。今はオンラインで低価格で受講できるレッスンも複数あるため、うまく活用している人も多いようです。

40代

40代はキャリアも安定し、若い頃に比べると深く学習してみたいことや、これからの人生において人の役に立つスキルを学びたいと思う人も多いようです。費用がある程度かかっても払える収入があるため、資格取得のためのスクールに集中的に通う人も珍しくありません。また、体型や体力が気になる頃でもあるため、ヨガやピラティス、ダンスを始める人も多くいるようです。
月にかける金額は多い人で30,000円〜40,000円程度の場合も。資格取得となるとまとまった金額が必要になるため、その年や月によってはそれ以上の場合も珍しくありません。

50代以降

50代、60代の女性には、ボイストレーニングやカラオケ教室、ドラムやアルトサックスなどの気分転換ができるものや、水泳教室やヨガ教室のような健康維持のための習い事が人気です。
月にかける金額は3,000円〜5,000万円以下の人が多く、公民館やカルチャーセンターなど比較的費用が安いところに通い、費用を抑えているようです。

まとめ

種類豊富にある習い事ですが、仕事と趣味のバランスや、かけられる費用との相談で何を習うか悩む人も多いかもしれません。
しかし、習い事をすることで、本来求めていた気分転換やスキルアップのほかにも、新しい知り合いや繋がりができたり、視野が広がったりと想定外のメリットもあるようです。
また、スポーツクラブやヨガに頻繁に通っている一人暮らしの人は、お風呂やシャワーも利用できるため、家のガス代が驚くほど安くなったという声もあります。
今はオンラインレッスンや1回ごとのチケット制、さらにはYouTubeで無料視聴ができるものなど選択肢も広がっているため、習い事にかける費用に上限がある人も、工夫して取り入れることもできそうです。
習いたいものや興味のある習い事がある人は学びたいと感じる時が学びどきでもあるため、ぜひ前向きにチャレンジしたいですね。

 

 

みんなの生命保険アドバイザー

あなたにぴったりの専門家がきっと見つかる
ファイナンシャルプランナー紹介サービス

保険を活用して、
家計のお悩みを解決!

経験豊富なファイナンシャルプランナーが、無料で家計改善のお手伝いをいたします。

  • 豊富な相談実績

    相談実績は40万件以上。日本全国のお客様にご利用頂いております。

  • 高い満足度

    満足度アンケートでは95%以上が「大変満足」「満足」とご回答。

  • 老舗のサービス

    サービス開始は2004年。業歴15年をこえる老舗のサービスです。

強引な勧誘は一切なし!ストップコール制度

弊社がご紹介するアドバイザーは一定の基準の中で厳選されたアドバイザーなので、お客様にご安心してご利用頂いております。

万が一ご紹介したアドバイザーの提案内容などに不安な部分があれば、相談の停止や、担当アドバイザーの変更が可能ですので、お気軽にお申し付け下さい!