サブスクで無駄遣いしていない?見直すべき3つの項目

近年、さまざまな業種で定額制のサービスが展開されるようになり、その利便性やお買い得感から利用する人が増えてきました。 「サブスクリプション」と呼ばれるこれらのサービスは、毎月定額で一定のサービスあるいは、商品が利用できるため、大変便利で使い勝手がいいと感じている人も多いでしょう。 一方で、何でもサブスクリプション利用をしてしまい、「本当に必要なの?」「契約解除が面倒でとりあえず続けてしまっている」などという人もいるのではないでしょうか。 家計の見直しをする際、これらのサブスクリプションの見直しも必須項目でしょう。 今回は、定期購入やサブスクリプションで見落としがちな項目や、家系のために賢く利用するコツを紹介します。

この記事の監修者プロフィール

MANEMO

運営担当者

MANEMOの編集チーム

定額サービスやサブスクリプションの落とし穴

定額サービスやサブスクリプションは、身近なものではAmazon primeやNetflixなどの動画配信サービス、化粧品やサプリメントの定期購入などが挙げられます。
他にもブランド品の定額制レンタルサービスや、飲食チェーンでも定額制サービスなどでも展開されるなど多様化しています。
見渡してみると私たちの生活に必要なものの多くが定額制サービスを展開しているともいえそうです。
便利な反面、ついついやりがちな落とし穴について知っておきましょう。

解約や変更の仕方がわからない

定期サービスを申し込んだはいいけれど、商品やサービスの利用が不要になった場合にいざ、解約しようと思ってもWebサイトに解約フォームがなかったり、解約手続きの方法が記載されていなかったりする場合があります。また、解約の場合はフォーム対応不可の場合もあり、好きなタイミングでスムーズな解約手続きができないケースもあります。

解約が面倒でついそのまま

解約したくても解約手続きが面倒だったり、直接窓口に電話をして解約の旨を伝えなければいけなかったりと、解約の手続き自体が億劫になってしまい、数ヶ月そのまま引き落としされている状態という人も少なくないのでは?
定期サービスはしっかり利用している間は問題ありませんが、生活や環境が変わったりしてもそのまま継続されるため、忙しくて時間が取れなかったり忘れてしまっていたりすると、いわゆる幽霊会員になり利用していなくても料金が発生している状態になってしまいます。

実際にはあまり使わないサービスだった

一時期、必要だと思って申し込んだものの、数ヶ月経つとあまり使用しなくなっている物やサービスはありませんか?
継続しているといつでも利用できるという安心感が生まれ、それが反対に無駄な出費につながっていることは大いにあるでしょう。

定期購入やサブスクを見直す4つのポイント

すでに定期購入を利用しているという人はどのように見直すといいのでしょうか?
せっかく便利な定期サービスを無駄使いに終わらせないためにも、見直すことが大切です。
ここでは見直す3つのポイントをお伝えします。

まずは加入している契約を把握する

一番怖いのは加入している事自体を忘れていて利用していないのに課金が継続されている事ではないでしょうか?サブスクサービスが増加し、無料期間などをきっかけに加入してそのままという経験は多くの人があると思います。
私の場合は、昔契約した本読み放題サービスやyahooのプレミアム会員を利用していないのに課金が続いていた経験がありました。
それを防ぐためにまずは、クレジットカードや通帳、携帯電話などの支払い明細を確認し何に課金がされているかを確認することをおすすめします。支払い明細から自分が月々課金しているサービスを把握する事で安心できますし、利用していないサービスがあれば解約の選択をすることができます。

サービス契約自体を定期的に見直す

サービス契約の確認は、おざなりになりがちです。
しかし、自分が今どんなサービスをどんな金額・内容で契約しているかということをしっかりと把握しておくことが大切です。
なかには途中で契約内容に若干変更があったり、使えるサービスが増えたりする場合もあります。
定期的に見直す機会をつくることで、「なんとなく続けている」という事態を防ぐことができるでしょう。

更新設定をこまめに見直す

定期購入やサブスクリプションはどれも開始月から(初月が無料の場合は翌月からの場合もあり)半年もしくは1年の期間契約という形が多いでしょう。また、契約更新が自動更新のところも少なくありません。
契約したばかりだとまだまだ先の話だと思いがちですが、もしも解約したい場合には更新月の前月や前々月に解約の旨を申し出なければいけないといったケースもあります。
年に1度のそのタイミングを逃してしまい、ダラダラと続けてしまうということは避けたいものです。
そのため更新の設定はこまめにチェックしておくことをおすすめします。

月々の料金と見合っているかを見直す

サービスを利用するのに料金がかかることは当然ですが、今申し込んでいる定期サービスの質や内容、利用頻度とその料金が自分にとって見合っているのかは、常に考えておきたいことです。
月に1度しか利用しないのに月に何千円という料金を払っている場合と、ほとんど毎日利用しているサービスが月に何千円で利用できるという場合とでは、自分にとっての価値が全く異なるものになります。

新たに定額サービス、サブスクを申し込みたい時のチェックポイント

これから新たに定額サービスやサブスクリプションを申し込みたいと思った時のチェックポイントを知っておきましょう。

はっきりとした目的があるか

その定額サービスを利用する目的がしっかりとある場合にしか申し込まないようにしましょう。なんとなく持っていると安心だな、便利だなといった期待値で購入すると、最初は使うけれど実は案外必要なかったということになりかねません。そのサービスを利用することで、自分にとってどんなメリットがあってどんな目的が叶えられるのかを明確にしてから購入するようにしましょう。

使うことで利便性が高まるか

定額サービスを利用することで確実に生活が便利になるというものであれば、料金に納得しているのであれば迷わずに利用していいでしょう。反対にそのサービスが気になっているけれど、使うために何か手間がかかったり、使うために不便を感じなければいけないなど何かしらストレスを感じさせるものの場合は即決せず、一旦購入を検討することが大切です。

結果的に節約になるのか

サブスクリプションや定期購入を申し込む際は、本当に継続して必要なのかをじっくりと検討しましょう。
物やサービスによっては初月無料や定期購入の方がお得といった宣伝をしているものがありますが、数ヶ月後に使っていないのであれば最初に買い切ったほうが結果的にお得だったというケースもあります。
反対に、料金以上に頻繁に利用するサービスであれば、定額料金を支払っていても十分元が取れている可能性もあります。
結果的に節約になっているのかといった観点で利用を検討してみると納得できるでしょう。

定期サービスは有効利用しなければ損!賢く使って節約を

定期サービスは一見とても便利でつい何でもよく見えて申し込みたくなりますが、複数の定額サービスの利用が重なってくると月々の出費も膨らんでしまいます。
今は気軽に申し込めるサービスも多く、そうしたところがメリットでもありますが、実際に継続性を考えて、どうするのかを検討することが賢い方法といえます。

みんなの生命保険アドバイザー

あなたにぴったりの専門家がきっと見つかる
ファイナンシャルプランナー紹介サービス

保険を活用して、
家計のお悩みを解決!

経験豊富なファイナンシャルプランナーが、無料で家計改善のお手伝いをいたします。

  • 豊富な相談実績

    相談実績は40万件以上。日本全国のお客様にご利用頂いております。

  • 高い満足度

    満足度アンケートでは95%以上が「大変満足」「満足」とご回答。

  • 老舗のサービス

    サービス開始は2004年。業歴15年をこえる老舗のサービスです。

強引な勧誘は一切なし!ストップコール制度

弊社がご紹介するアドバイザーは一定の基準の中で厳選されたアドバイザーなので、お客様にご安心してご利用頂いております。

万が一ご紹介したアドバイザーの提案内容などに不安な部分があれば、相談の停止や、担当アドバイザーの変更が可能ですので、お気軽にお申し付け下さい!