今年こそ家計簿をつけたい!そんな人におすすめする挫折しない方法とは

家計の見直しや貯金に本腰を入れたときなどは、家計簿をしっかりつけようと思う方も多いかもしれません。 なかには、家計簿をつけようと思っても長続きせずにいつの間にか、つけずに終わっているという方も少なくないかもしれません。 しかし、家計簿をつけることで目に見えて現状を把握できるため、お金についてのアンテナを張っておきたいという方には特におすすめです。 今回は、家計簿を簡単に続けるコツやおすすめの方法について紹介します。

なぜ家計簿をつけるのか

そもそも、どうして家計簿をつける必要があるのでしょうか?
家計簿は日々何にどれくらいのお金を使ったかを把握するために記録するものです。

そのため、ある程度長い期間つけることでようやくその効果を発揮できるといっても過言ではありません。
何にどのくらい使っているのかを知ることで、無駄な支出はなかったか、どのくらいなら出費を抑えられるのかなどを見直しながら家計のやりくりができることに意味があります。

家計簿をつけることだけで満足するのではなく、1ヶ月ごとなど定期的に振り返り、次の月以降に活かしていくといったことが大切です。

家計簿のつけ方ポイント

早速家計簿のつけ方について見ていきましょう。
何度か家計簿に挑戦したことがあるという方もこれから紹介する2つのポイントを押さえておくことで続けやすさが変わるかもしれません。

つける項目を決めておく

あらかじめ、家計簿にどんな項目を入れるのかを決めておきましょう。
月の支出は案外さまざまな種類があります。

後から「あれも必要だった」、「これもあったな」となると、うまく家計簿がつけられず、後から見てもよくわからないことになってしまうこともあります。
毎月確実に同じ費用である固定費は除けて、それ以外に変動しやすいものを家計簿の項目として挙げることがおすすめです。

長く続けられるかどうか

家計簿をつける目的は支出の把握、そして、記録することで無駄遣いを減らし、賢くやりくりをすることです。そして、その結果、貯蓄が増やせると尚良しでしょう。

家計簿はつけて終わりではなく、続けることで振り返りながら次に向けて使い方をコントロールしていくことでようやくその効果が出てきます。

そのため、長く続けることがポイントです。家計簿をつける際は家計簿のつけ方、つける項目などを含め「長く続けられるかどうか」という視点は必ず入れておきましょう。

挫折しない家計簿のつけ方のコツ

続いては、長く続けるためにも挫折しない家計簿のコツについても紹介します。
いつも三日坊主で終わってしまう、支出が多くなると面倒で途中でやめてしまうという経験がある方も必見です。

つける時間帯を決めておく

家計簿を続けるためには家計簿と向き合うことをルーティーン化してみましょう。

大体、何時ごろのこのタイミングで必ず家計簿をつけるというルールを設けることで習慣づけることができ、ひとまず家計簿の「つけ忘れ」は起こらなくなります。
何に対しても習慣化するのには約3週間かかると言われているため、まずは1日、3日、1週間……というように少しずつ継続日数を延ばし、習慣化できるよう心がけることも大切です。

無理やり収支を合わせない

スーパーや日用品以外ではなかにはレシートがない支出があり、後でレシートを見ながら家計簿をつけていても、他にいくらの出費があったのか忘れてしまったり、そもそも間違えてレシートを捨ててしまったりして、家計簿をつけていても収支が合わなくなることもあるでしょう。

もしも収支が合わなくても、少しの乖離であればそこまで気にしすぎる必要はないでしょう。
収支が合わないことで家計簿に時間がかかってしまうと、それだけで続ける気力がなくなってしまいそうです。
長く続けることを前提に、少しくらい収支が合わなくても気にしすぎないこともコツのひとつです。

複雑そうな家計簿は使わない

家計簿をつける際に選ぶノートやアプリなどは記載の方法が複雑だったり、項目が多かったりすると、記入するだけでも時間がかかってしまいます。

毎回記入に時間がかかると、家計簿をつけること自体が億劫になってしまうことも考えられます。
細かい記入が苦手な方や家計簿の記入はサクッと終わらせたいと考えている方は、項目が多いものや複雑そうなものは選ばない方が賢明です。

端数は切り上げに

レシートを見ながら家計簿をつけていると、どうしても1円単位で記入してしまいます。
また、その都度電卓を使いながら計算していると1つでも間違った際に、最初からやり直しとなり、面倒なうえに時間がかかり非効率です。

そうした事態を避けるためにも、家計簿をつける際はどの項目も金額は切り上げした金額を記入するといいでしょう。
そのくらいの差異であれば家計に大きな狂いは出てこないはずです。
また、ポイントとしては、切り捨てではなく切り上げにすることです。
切り捨ての場合は実際に使った金額よりも少なく記載するケースが出てきますが、切り上げだとそれは起こりません。

家計簿をつけるツールのおすすめは?

家計簿をつける際は、使い勝手や入力のしやすさなど自分に合うものを選ぶことが基本です。
ここでは手軽につけられて続けやすい家計簿ツール3つをご紹介します。

市販の家計簿ノート

文具コーナーや書店でも売られている家計簿ノート。家計簿をつけることを考えたとき一番に浮かぶツールではないでしょうか。
今はさまざまな家計簿ノートが販売されており、自身の好みや使い勝手に応じて選べるのがうれしいですね。デザインやキャラクターも豊富にあり、モチベーションの維持にもぴったりです。

家計簿ノートのメリットは、はじめから項目が記載されていたり、色分けがされていたりと下準備が整った状態で早速記入できる点です。
一方、デメリットとしては購入代金がかかる、販売元によって項目が変わるなどが挙げられます。

家計簿アプリ

家計簿をつけられるアプリなら、スマホでサクッと入力が済ませられそうでライフスタイルや性格的に合えば継続しやすそうなツールです。

家計簿アプリを利用するメリットは、家の中ではもちろん、外出先でも気軽に入力ができるという点です。
また、金融機関のアプリと連動させ口座の残高や出入金なども一緒に管理することができるものもあり、お金のやりくりが目に見えてわかりやすいです。

一方、デメリットとしてはその場でこまめに入力をしなければ後からまとめて入力するのが大変になるといった点が挙げられます。
また、アプリを使い慣れないうちは少し煩わしく感じるかもしれません。
アプリ操作に慣れている方、気軽に家計簿を使ってみたいという方にはおすすめです。

エクセル家計簿

パソコンを使い慣れている方であればエクセルで家計簿をつけることもひとつです。
フォーマットもありますが、ある程度エクセルが使える方であれば自身が使いやすいようにカスタマイズすることも可能です。

エクセルで家計簿をつけるメリットとしては、書き込むよりも手間がかからない、SUM関数で自動計算してくれるため電卓要らず、年間データを一元管理できるといった点が挙げられます。

一方でデメリットとしては、エクセルに関する知識がある程度必要、スマホからでは入力しづらいなどが挙げられます。

家計簿を続けるコツを押さえてやりくり上手を目指そう

家計簿は家計の現状を知り、改善していくうえで大変役に立つものです。
どうしても記入することばかりに意識が行ってしまいがちですが、実は継続して振り返ることに大きな意味があります。
家計簿をつけたいと思った方は、ぜひご自身が継続できる方法を選びましょう。

継続し、無駄な支出はなかったか、改善点はどこかなど、振り返りながら行うことが大切です。
自身のライフスタイルや性格に合わせてどんな方法が向いているかを考えながら最適な方法を見出しましょう。

節約したお金を銀行に預けている人は要注意

家計簿をつける目的は「無駄使いを減らしたり、将来に向けてしっかり貯金をする事」ですよね。
日々の節約や管理も大切ですが、節約したお金をどのように管理し増やしていくかは見落とされがちです。

今の日本の銀行では預金をしても利率はほぼゼロなので増える事は期待できませんし、
ATMからお金を引き出す度に手数料が引かれるため、むしろマイナスになる方がほとんどです。

賢く節約し、資産を形成するには「IDECOやNISAなどの資産運用」「貯蓄系の保険加入」などいくつか手段が存在します。
自分に合う資産形成方法を見つけるのは難しいため一度お休みの日などにでも専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

マネモのおすすめ保険相談サービスはこちら!