無配当保険が人気の理由とは?

基礎用語集 分からない言葉をチェック

保険期間が定められている保険。1年毎の更新、またはある程度長い期間での契約が一般的である。満期を迎えても途中解約をしても満期保険金・返戻金を受けることが出来ない、いわゆる「掛け捨て」タイプ。保障される金額に対する保険料は比較的安いため、子どもが成長するまでの世帯主など、一定期間、高額な保障が必要とされる場合に利用される。

保険期間内に死亡した場合に保険金が支払われるのはもちろんだが、満期になった時に生存していた場合、満期返戻金として保険金額と同額が下りるというもの。契約満了寺には通常、満期返戻金に加え、配当金が支払われ、払い込んだ保険料よりも多く受け取れるため「貯蓄型」とも呼ばれる。養老保険の場合、満期時に生存していれば確実に保険金が受けられるので、保険料は定期・終身保険よりもさらに割高になっている。

保険期間を定めず、生涯にわたって保障される保険。途中解約をした場合に返戻金が出ることが多いが、通常は払い込んだ保険料の総額よりは少なく、また契約してからの期間が短いほど返戻金は少ない。死亡した場合必ず保険金が支払われるので、定期保険と比較すると保障される金額に対する保険料が割高である。


ブログ
Undefined Database Configuration