無配当保険が人気の理由とは?

基礎用語集 分からない言葉をチェック

死亡給付金を指します。被保険者が保険期間中に死亡することにより生命保険会社が死亡保険金受取人に支払う金銭です。あるいは、年金支払開始日前に亡くなったときに支払われる金銭です。

ある特定の集団のうち、ある一定期間生存する人の割合を指します。生命保険の場合、通常同年齢の人が、1年間生存する確率のことです。なお生存率=1-死亡率。

1970年に開発された団体生命保険の特殊な形態で、生命保険会社の各社が応分の引受を行っています。社会福祉、医療事業団を保険契約者とし、心身障害者を扶養する者を被保険者とする団体保険を指します。扶養者の死亡の際、事業団に支払われた保険金を基金として、障害者に年金を支払う仕組みになっています。

生命保険における契約者配当金を計算する方式です。生命保険契約の剰余金は、実際利回りが予定利率を上回るときに生じた利差益、実際死亡率が予定死亡率より下回るときに生じた死差益、実際経費が予定された付加保険料の範囲内でまかなわれたことによって生じた費差益の3つの源泉から生じたものです。

年金受取人に対して終身にわたって年金の支払が続けられるもののことを指します。保障期間があるタイプとないタイプがあり、ない場合は年金受け取り開始から一年で亡くなっても、その年で年金は支給停止になります。


ブログ
Undefined Database Configuration