無配当保険が人気の理由とは?

基礎用語集 分からない言葉をチェック

火災保険につけられた建物の用途や構造が変わった場合のように、危険の程度に影響を及ぼす諸事情に保険契約締結後に変化が生じること危険の増加、減少を指します。

火災保険、自動車保険または傷害保険(医療費用保険および介護費用保険を含む)を取扱う損害保険代理店において保険募集に従事する者が所定の講習を受け、かつ試験に合格することにより取得する資格です。

昭和39年6月の新潟地震を契機として、地震危険を担保する保険の要望が急激に高まり、政府、保険審議会および損害保険業界が実施方策を検討した結果、国家再保険による地震保険を創設することとなり、昭和41年5月18日にこの法律が公布、施行されたました。(法律第73号)。

地方自治体が社会教育団体を被保険者として、補償対象者が、アマチュアスポーツ活動中、社会教育活動中、または被保険者が所有・使用・管理する施設内で活動中の事故により傷害を被り、被保険者が被災者に補償金を支払う場合に保険金を支払う保険を指します。

保険料月掛制の火災保険であり、年保険料の約1.5倍を12ヶ月に分割して支払い、満期時に払込保険料の3分の1相当額が満期払戻し金として支払われます。


ブログ
Undefined Database Configuration